映画で英語を覚えたい!学習教材としてオススメを紹介

英語勉強

日本が好きな外国人は、アニメを見て日本語を学ぶことも多く、日本人よりオタクを極めている人もいます。

やはり日本の声優さんの声を楽しみたいとか、日本文化を知りたいという場合には日本語で楽しみたいのでしょう。

また、母語に訳されるのには時間がかかるので、待ちきれないというファンもいます。

同じように、私たち日本人も外国の映画やドラマなどを見てそれらから外国語を学ぶことができます。ちょっと難易度が高いのでは?と思うかもしれませんが、好きなものであれば苦痛ではないはず!

ここでは、どんな映画が英語の学習教材として優秀かを解説していきます。

映画で英語を勉強するための順番

映画で英語を勉強するためには、勉強する順番を間違えると全然覚えることができません。

順番は、

① 日本語で映画の内容を理解する
② 英語音声+日本語字幕
③ 英語音声+英語字幕
④ 英語字幕のみ

この順番で必ず練習するようにしましょう。

それを踏まえて、まずどの映画を見れば良いかから紹介します。

英語の勉強には自分の好きな映画が一番!

もう結論から行ってしまうと、英語を学ぶのであれば自分が好きな映画やドラマがあればそれから入って良いと思います。

たとえちょっと難しい内容だったとしても、好きな俳優さんや女優さんが出ているのであればモチベーションアップにもつながりますからね。

また、その作品が好きということは、すでに日本語で内容を知っているはずですよね?ということは、英語で見たとしてもシーンごとになんとなく言っていることは頭に入っているはずなので、英語がわからなくても楽しめてしまうというのが特徴です。

ただ、医療ドラマや刑事ものなど、特殊な専門用語を多用する作品の場合はやはりいくら好きといえども最初のハードルは高く設定されてしまうかなと思います。

それでも、完璧主義にならなくても良いので楽しめればそこからの入りで間違いはないでしょう。

文化を知りたいなら時代背景も考えてみよう

言語はそんなに変化していきませんが、もし古い作品を見るのであればその時の時代背景や国際情勢も多少影響してくることを意識してみましょう。

最近のドラマを見たのであれば、現地で流行っているものが取り入れられていたりします。

どういう意味だろうと思って調べると、現地の人に今うけている内容がわかったりして面白いものです。

これがひと昔前のものとなると、取り入れられる要素も当然当時のものとなります。

社会風刺であったりお笑いであったり、当時のお騒がせハリウッドスターであったり、それらが出てくるような世界観の作品だと、その世代の現地の人と話が合うでしょうね。

英語と一緒にその時代のその国を知りたいというのであれば、選ぶ映画と内容によって得られる情報も違ってきます。

英語の勉強にオススメ映画「ハリー・ポッター」

私は昔からハリー・ポッターが好きで、映画も何度も見ました。

英語の勉強というか、ハリー・ポッターをよりよく理解したいという意味で英語でも繰り返し見ましたね。

しかし、自分が好きだからハリー・ポッターをおすすめするわけではありません。

英語を学ぶ上で優秀な教材となる要素を偶然にもたくさん含んでいるからおすすめするのです。ここからは何故そう言えるかを2つピックアップします。

① 簡単な英語からレベルアップできる

ハリー・ポッターの1巻では13歳の少年少女がメインキャラクターであるという点に着目です。

これなら、映画を英語で見ることが難しくても、使っている英語が13歳レベルなのでそこまで難しい単語が含まれていません。

また、1年年をとるごとに次の作品へと移動していくので、1巻がわかったら2巻、次は3巻と、徐々にレベルアップしていくのに最適なのです。

ちなみに、物語は進むにつれてかなりダークファンタジーとなっていくので、最終巻ともなるとかなり上級になります。初心者から上級者まで、誰もが使える教材と言えるでしょう。

② ほとんどの人が内容を知っている

細かい話の内容は別として、ハリー・ポッターとなると有名すぎてほとんどの人がその世界観は知っていますよね。

魔法学校で魔法を学ぶ少年の物語。これを知っているというだけで入りが簡単なので、話がわからなくてギブアップしにくい作品となっています。

日本でも金曜ロードショーなどで何度も「ハリポタ祭り」と称して、特に最初の作品は地上波で流されています。これらのこともあり、なんとなくなら最初から最後まで知っている人も多いのではないでしょうか。

映画を使って英語学習した方法と順序

映画で英語を学習するといっても、ただ流し見しているだけで良いのでしょうか。

私の場合は、ハリー・ポッターは小さいころから見ていて内容は十分知っていたので、まずは英語音声+日本語字幕で見ました。

さすがに全てのセリフの内容を理解していたわけではないので、日本語とちょくちょく照らし合わせながら「ここはこんなセリフだったな」と思いだしながら見ていました。たまにそれに対応する英語が聞こえるとすごく嬉しかったものです。

それが終わったら、次は英語音声+英語字幕で見ました。英語字幕通りに聞き取れないものがあるので、ここの段階は結構繰り返しましたね。

早戻し再生したりして、リアルな会話ではこう言うこともできるのかと学びました。机上の勉強で使っている英語と、現地の人がする会話での英語はやはり少し違いました。

そしてついに最終段階は字幕なしで、英語音声だけで楽しみます。

私は今でも地上波でハリー・ポッターが流れている時に英語音声にしてみて、理解度を確かめることがあります。

ここまでを1巻分完成させるだけでもかなりボリューミーなので、教材としては長く楽しめます。

同じ世界観で繰り広げられる物語なので、2巻に行っても1巻で使われていたフレーズがまた出てきたりして、反復練習にはもってこいです。

映画で英語を勉強するためのまとめ

まとめると、

① 日本語で映画の内容を理解する
② 英語音声+日本語字幕
③ 英語音声+英語字幕
④ 英語字幕のみ

こんな感じで勉強していました。やっぱり映画は難易度が高いので、全てを理解しようと思わないことが大切だと思います。

好きな作品の世界に浸りながら英語も上達できるとなれば一石二鳥!英語の教材として作られているわけではないので難しいのですが、使われている英語は全部本当に使えるリアルなものというのがメリットです。

それを真似するだけで英会話力が随分上がるのではないでしょうか。リスニング力を鍛えたいなら、現地の人の喋る速度に合わせられる耳作りも大事ですね。

コメント