TOEICや英検よりもTOEFL、IELTSをオススメする理由

TOIEC

受験や就活で有利になる英語の試験と言えば、TOEICや英検ではないでしょか。英検2級以上なら10点加点、TOEICで800点以上なら高評価。なら受験しておいて損はなさそうですよね。

しかし!実はTOEICや英検はもう古いかもしれません。何故そう言えるのか。本当に英語の能力を伸ばしたいなら別の試験の方が良い理由があります。

TOEICと英検が重視するのはどの能力?

実は、TOEICや英検は日本人向けの試験と言っても過言ではありません。何故なら、重視している能力がリスニングとリーディングだから。

この2つの能力の共通点は何だかわかりますか?どちらも能動的ではなく、受動的な能力なのです。

他人の意見や考えを汲み取るもので、自分から発信する能力であるスピーキングとライティングのテストに重きが置かれていません。

英検は3級以上で面接がありスピーキングもありますが、1次試験に合格すればほとんど受かると言われています。

また、最近になってこれも限られた級以上でライディングができましたが、それ以前は全くありませんでした。

このことから、実はTOEIC満点や英検1級を持っていると言っても、英語が話せない人というのはいるのです。

しかし、残念ながらまだ企業や学校が重視するのはどうしてもこの2つのテストで、それ以外のテストは面接官すら知らないということもあります。

本当なら4つの能力を満遍なくはかるテストの方が良いのに、面接官が知らないのであればその効果も薄れてしまいますよね。それがどれほどすごくても相手に伝わらないのですから。

だからまだ日本ではTOEICと英検が英語の2台巨塔ですし、大人が判断する基準を変えてくれなければ生徒はいつまで経ってもこの2つのテストにすがるしかないのです。

TOEFLはどんなテスト?

リスニングやリーディングだけでなく、ライディングとスピーキングも同じように重視してくれるようなテストとなれば、TOEFLやIELTSがおすすめです。

TOEFLは知名度もあるので、もし就活に活かしたいという理由だけで受験するのならこちらの方が良いかと思います。

IELTSも同じように4つの能力をテストしてくれますが、知名度が低いことから、スコアが9.0と言ってもパッとわからない面接官が大半でしょう。

この2つのテストの違いは、TOEFLがアメリカ英語でデジタルなのに対し、IELTSはイギリス英語でアナログであるという点です。

多少時代や場合によって異なる場合もありますが、TOEFLは、ライティングやスピーキングをパソコンで行います。

メリットは、ライティングで構成を間違えても新しい文章を簡単に挿入できたりするところですね。スピーキングでは相手と顔を直接合わすわけではないので緊張感が少ないかもしれません。

IELTSはどんなテスト?

一方IELTSはスペルもイギリス英語になっているという私のようなイギリスマニアにとってはテンションが上がるテストです。

ライティングは紙とペン、一般的なテストと同じアナログ方式となっています。

スピーキングは対面で一人ずつ試験が行われますが、この時には試験官によって判定が異なるといけないことからか、ボイスレコーダーが使われます。

対策本もひと昔前までは大きな本屋でもなかなか見つからなかったのですが、最近では多くなってきました。

4つの能力それぞれと総合点に点数がつくので、自分の弱い部分が顕著にわかるのが特徴ですね。ただ、満点が9.0点というのが受験したことのない人からすればわかりにくいものです。

もし就活等でアピールするのであれば、履歴書にはカッコ書きで「TOEIC〇〇点相当」「英検〇級相当」と書いた方が良いでしょう。

実際私は就活の面接でIELTSを知っている面接官に出会ったことはありませんでしたし、どんなテストか調べることはせず、直接私に聞くという人しかいませんでした。

どんな用途で使うかで受験するテストを決めよう

これらの4つの能力を満遍なく出題してくれるテストであれば、リスニングやリーディングという受動的な英語の能力だけでなく、ライティングとスピーキングのテストもしっかり考慮して総合的な英語力を判定してくれます。

英検のように合格・不合格がなく、点数として結果が出るので、次の目標点を定めやすいでしょう。

TOEFLとIELTSが留学用で4つの能力を判定してくれるテストなら、TOEICと英検は受験と就活用の2つの能力に絞ったテストと言えるでしょう。

ただ英語力を伸ばしたいというのであれば、満遍なくテストしてくれるTOEFLかIELTSの方が良いと思いますが、それを今後使って行きたいというのであればその用途に応じたテストを受験すべきですね。

まとめ

英語力全般を総合的に底上げしたいならTOEFLかIELTS。

リスニングとリーディングに特化して、受験や就活に有利に動きたいならTOEICか英検。

このようにわけるとわかりやすくなると思います。

英語は一つの言語ですが、それを単純に楽しむのか、それとも活かすべき場所があるのかによっても受験するテストは変わってきますね。

コメント