英語を日本語で考えることをやめるトレーニング方法

英語勉強

特別英語が優れているわけでも帰国子女でもない場合、同じ単語でも英語のネイティブスピーカーが感じていることと私たちが感じていることは違うかもしれません。

その細かいニュアンスって知りたいですよね。でも、今からでもそんな感覚は身に付くのでしょうか。

ここでは、英語の感覚を日本で習得した私のトレーニング方法をご紹介してみます!留学しなくとも、帰国子女でなとも英語の感覚がわかれば大分と習得が楽になりますよ!

英語と日本語と切り離す重要性

突然ですが、私は通訳ができません。

英語の単語を日本語に変えて相手に伝えようとすると、「○○な感じ」だとか「うわー!って感じ」とか、ジェスチャーを交えていきなりバカになります。これは、私が英語を日本語と紐づけていないからです。

でも、実はこれ、英語をネイティブと同じニュアンスで捉えるには良いことなのです。

何故かというと、英語と日本語という違う言語を全てキレイに100%翻訳することは不可能で、名詞などの簡単な単語なら良いですが、そうでないならそれに相当する日本語がない場合があります。

そうなると、辞書に書いてある言葉のほとんどは英語と似た意味を持つ日本語を無理矢理当てはめたとなります。

でも、これでたとえニュアンスが違っていたとしても意味は通じますし、多少変な訳になっても意思の疎通に混乱はないわけです。

中学の時、「変な日本語訳だなあ」と思ったことはありませんか?

あれこそ日本語に無理に置き換えた典型的な例ですよね。でもそうしなければ適切な日本語がないので、文章として表すには仕方がないのです。

ですが、会話ともなるとどちらかの言語は少なくとも表には現れませんよね。だからわざわざ全ての単語を日本語に置き換える必要はないのです。

ニュアンスを理解するのであれば、一旦日本語は忘れることが最も大事なのです。

ちなみに、日本人が英語を苦手とする要因の一つにカタカナがあります。

なまじ外国語をカタカナに置き換えて表現することから、英語となるとどうしてもその癖で頭の中にカタカナが混じる傾向が強くあります。言語野が女性に劣ることが多い男性には特にこの傾向がみられるので、いち早く脱したいところです。

日本語ではなくイメージで捉える!

具体的にどのようなトレーニングをしたらネイティブの感覚に近づくかというと、英語をイメージで捉える訓練をすることが大事になります。

簡単な名詞で例を出すと、「pencil」という単語を見たり聞いたりしたときに、「鉛筆」が思い浮かぶ人の方が多いかと思います。

ですがそうではなく、あの長細くて先がとがった物体を頭の中にパッと思い浮かぶところをゴールとしたいのです。

会話中にこのイメージが次々と浮かぶことはないのですが、この訓練を積み重ねていくと会話中に日本語が介入せず、変な間を作ることなくスムーズな会話ができるようになります。

英語のみで理解するから、おのずと英語のニュアンスが理解できるようになるというのがこの方法の最大の効果でしょう。

このイメージで捉える作戦は日本語を意識せずにひらすら喋ったり、単語がわからなくても次の話題に変えて次々と言っていくことで自然と身に付くものです。

しかし、最初は難しいので基礎からの練習が必要です。

英文を見てすぐイメージを持つ練習を始めよう

★ステップ1
ネットを開けば、英語の本を持っていなくてもすぐにどんな英語の文章にも出会えます。ニュースでも何でも良いので、とりあえずまずはその文章のページを開いてみましょう。

★ステップ2
そしたら、わかる単語を最初から順番に見ていって、日本語を意識的に禁止し頭の中にその単語のイメージを作ってみてください。

もちろん名詞以外もですよ?名詞ではその物体が思い浮かびますが、それ以外では言葉にならないその単語の感覚を感じるだけで結構です。むしろ言葉を使わないのであればそれしかできないはずです。

★ステップ3
これをひたすら続けますが、少し文章がわかるようなら単語ではなく一文ごと日本語なしで意味を取ってみましょう。

★ステップ4
そして、このイメージ作戦を会話でも同じように活かしていきます。言いたい文章を日本語で一度考えるのではなく、もう思いついたものからすぐ口に出すのです。

変な文法でも何でも構いません。言語を習得する近道は、とにかく間違えや失敗を恐れず使ってみること。相手がいなくても、独り言で訓練は可能なのでどんどんやりましょう!

この積み重ねで、ネイティブの英語のニュアンス、感覚を習得することができます。

まとめ

いかがでしたか?英語を一度別の言語に置き換えるステップは捨てて、代わりにイメージとして捉えることで誰でもネイティブのような感覚を手に入れることができます。

前置詞などは特にイメージしにくいかもしれませんが、実は参考書でも絵で表現してあったりします。

こちらの方がわかりやすいという人もいて、数えきれない日本語訳を覚える必要もなくてとても早く英語を習得できます。英語はイメージ。是非、毎日の勉強に取り入れてみてください。

コメント