海外のスタバで英語注文したい時に使える絶対覚えておくべきフレーズ

英会話フレーズ

海外旅行、海外出張、空港での長い乗り換え…海外へ行くと日本と違った環境、文化、言葉で一息つきたいと思うことも多いはず。

そんな時に空港や街によくあるのがスターバックスです。スターバックスだけではなくどのコーヒーショップでもよく使える表現をご紹介致します。

オーダーをする際のフレーズ

Can I have a Caramel Macchiato ?
(キャラメル マキアートをいただけますか?)
I will get hot Latte.
(温かいラテをください。)

”Can I~?” ”I will have~”は何かを注文する際にとても頻繁に使う表現です。

お店の人は”What can I get for you?” “ What do you want have today?”(何をご注文されますか?)等ととてもフレンドリーに聞いてくれるので、注文する前に”HI!” “Hello, how are you day?”などと明るく挨拶するのもお忘れなく。

ディカフェのコーヒーがいい時や、甘さを控えめにしたい時、氷なしのアイスドリンクを注文する時は次のようなフレーズをぜひ参考にして見て下さい。

Can I get a decaf Latte?
(カフェイン抜きのラテをいただけますか?)
I will have a short half sweet Caramel Macchiato, please.
(甘さが半分のキャラメルマキアートをください。)
I will get a ice Coffee without ice.
(氷なしのアイスコーヒーを頂きます。)

大きさ、HotかColdを伝える際

お店の人は”Which size?” “ What size?”とくずれた英語で質問をしてきてくれる事が多いです。

サイズを聞かれたら、short/tall/grande/ventiの中からサイズを選びます。いくつかの海外ではshortサイズは一般的ではなく、メニューに載っていない事がありのでご注意を。

HotかColdかを伝える時は”Hot or Ice?”の質問に希望に合わせてHotかIceか伝えましょう。日本ではColdでも通用しますが、英語だと冷たい飲み物は全てIceになるので気をつけましょう。

名前を伝える時のフレーズ

“What’s your name?” “ Can I have your name?”(あなたのお名前は?)とオーダーをした後、正確にオーダーをしたドリンクが手元に届くように名前を聞かれます。

日本人の名前は海外の人にとって馴染みがない為スペルを聞かれることもしばしば。はっきり伝えるようにしましょう。

私は長いスペルを言うのが面倒なので、SummerやTiffanyなど現地の人に馴染みのある名前を言うこともあります。

カフェでよく使うフレーズ

“For here or to go?”

店内で飲むか、持ち帰りにするかを聞く質問です。店内で座って飲む場合は”For here”と答えましょう。持ち帰る場合は”To go”と答えましょう。バックやトレーに入れてくれます。

“Anything else?”

「他に何か必要ですか?」と最後に聞いてきてくれるので、サンドイッチやパウンドケーキなどを注文する際は、この時に伝えましょう。

コーヒーをオーダーするときと同じように”Can I have the tomato and cheese sandwich?” “ I will get the lemon pound cake.”などと”Can I~?” ”I will get (have).”を使いましょう。

外国のスターバックスでチェックすべき商品

マグカップ・タンブラー

日本ではご当地限定のタンブラーや水筒、マグカップなどが人気ですが、これは海外でも同じ。ですが、日本と違ってタンブラーや水筒のご当地バージョンは少ないです。アメリカやカナダ、フランスなど国限定の商品は数多くありますが、都市の商品は少なめ。またタンブラーも陶器が多い為、とにかく重いです。お土産に買って帰るのであれば、マグカップがお手軽でオススメです。

スイーツ

レジの横に並んでいる美味しそうなスイーツ。日本人の口にも合う甘すぎないのがStarbucksスイーツの特徴ですね。海外のStarbucksには日本では扱われていないスイーツもかなりあるので、ぜひ注目して見てください。

アルコールが飲めるお店

特に空港の中に多いのがお酒が飲めるStarbucks。街角では見ませんが美味しいクラフトビールやワインがあり、見つけたらぜひ試しに飲んでみてください。

最後に

いかがでしたか?様々な言い方があって始めは覚えるのが大変かと思いますが、覚えてしまうと様々な場面で応用する事ができるので是非フレーズを覚えて海外でStarbucksをより楽しんでください。

コメント