中学生になると英語が苦手になる理由について現役塾講師が解説

英語勉強

小学校から中学校に上がると増える主要科目が英語です。

でも、中学生のうちから英語が苦手になるという子は多く、数学と英語が特に重要と言われているから受験を考えると不安にある親御さんも多いはず。

ちなみに小学校でも多少は英語を学びますが、まだ成績がつく科目ではありません。

ここでは何故中学生のうちから英語が苦手になってしまうのか、現役塾講師が教えます。

英語に分野分けがないから苦手になる

数学がどうしても図形問題が苦手だという子は、計算問題は得意だったりします。すると、こういう現象が起きます。

三角形の証明問題を習っている時期の定期テストは惨敗、でも1次関数を習っている時期の定期テストでは高得点。

こんな風に、数学はジェットコースターのような得点になることも。同じことは理科や社会でも言えます。

しかし、英語は言語です。

基礎で躓いたら高校3年生までずっと躓き続けるという恐怖の科目です。

文法ごとにレッスンが分けられてはいるものの、比較級を習うのにbe動詞の理解ができていないのであればやっぱり最初に戻らなければいけません。

比較級の説明に戻るのでは完全に定期テスト用の付け焼き刃的な処置になってしまうからです。

復習が他科目に比べて大変だから

自分で中1からの復習が必要だと仮に気付いたとしても、そこへ戻っていれば定期テストの範囲外を勉強することになるので実践できる子は非常に少ないです。

他科目に比べて戻るレベルが圧倒的に違ってしまいますからね。

テストの点数が悪ければ内申に響き、ひいては受験にも影響してくるのでその勉強にプラスしていく必要が生じます。となると、受験生になってから復習するのが一般的になってしまいますね。

このように、言語は最初の土台ができてこそ次へ行けるものとなっているので、英語で躓くという子はどうしても中1の内容に戻る必要が出てきてしまいます。

単純にその文法が難しくて理解できていないだけなのか、それとも土台ができていないからわからないのか、これを見抜くことが重要です。

「わかった!」という快感が得られないから

多少は問題を解いていて得られる達成感も英語にはありますが、それでも閃いて正解に辿り着くようなクイズ的感覚がありません。

どちらかというと、単語や熟語をひたすら暗記するというつまらない科目ではないでしょうか。

暗記によって得たものをネイティブスピーカーに話すことで、「相手の言っていることがわかった!」「自分の英語でも伝わるんだ!」という発見はありますが、そのような授業より文法の授業の方が多いためつまらないと感じる子も多いはずです。

暗記がつまらないから

暗記した単語を忘れてしまうということも大いにやる気をそぐ要因になっています。

数学は、一度基本となる解き方を習得してしまえば、応用は無理でも結構長い間その方法自体は覚えていたりします。少し自転車の乗り方を覚える感覚と似ているでしょうか。

一方英語は理科や社会の暗記分野と同じく、せっかく苦労して覚えたものが消えてしまうという「無駄感」を感じてしまうことにより、やる気をなくす子が多いです。

人間の脳は忘れたころにまた思い出すことによって短期記憶ではなく長期記憶に残るようにできているのですが、その繰り返しが嫌になってしまうのです。

また、繰り返す回数は人によって違います。同じ量を覚えるにも、集中できたり地頭が良い子は一発で覚えられますが、そうでないと反復作業は続きます。

子どもながらに不公平感を感じるところでもあるので、「なんで自分はこんなに覚えられないんだ」と劣等感を持つことも。

完璧主義者だから

ここにきてちょっと変わった見出しだなと思ったかもしれませんが、意外と英語はざっくりと理解した方が良い場合があります。

極端な例ですが、「何故りんごはアップルというのか」というところまで突き詰めてしまったら答えは出ません。

言語学を学ぶか、タイムスリップして当時アップルという言葉を作った人に聞かなくてはなりません。

多いのは、ネイティブスピーカーが使う頻度によって正解が左右される問題です。これにはあまり納得行かないという子もいますね。

知的好奇心が旺盛なのはとても良いことなのですが、あまりこだわりすぎると納得できないことが多々出てきてしまうのが英語です。

所詮語学で人が作ったものであるということを理解していなければ「納得できない=得体が知れないもの」という式ができてしまうのです。

まとめ

英語は他の主要科目とはちょっと違った立ち位置にいるため、中学生から苦手意識を持ってしまう子がいます。

上記のようにその理由を突き詰めれば、中1からの土台作りがいかに大切かがわかりますね。

文法から学ぶという、通常人が言語を習得するのと逆の学び方をする中学では、言語を学ぶことの特殊さを理解してもらうことが大切になります。

コメント