先行詞がない関係代名詞whatの解く方法について具体的に解説

英語勉強

関係代名詞といえば、先行詞があってそれを後ろから修飾するものと覚えました。

ただし、英語という言語は省略できるものはできるだけ省略してしまいましょう、という考え方がある言語なのです。

例えばこのような関係代名詞の問題があった際に何が入るでしょうか。
(    ) matters is your motivation.
答えは「What」です。

このようにこの記事では先行詞を必要としない関係代名詞whatの解き方について詳しく解説しています。

関係代名詞は、より簡単に単純に考えましょう、話しましょう、書きましょうというものなのです。

先行詞も省略できるものは省略してしまいましょうというところから使われているのが関係代名詞です。

ここに書いてある内容を覚えれば、10分後にはあなたはもう関係代名詞whatをマスターしているでしょう。

知っていれば1秒で解答できますが、知らないとずっと考えていても正解にたどりつけません。

先行詞がない関係代名詞の考え方

先ほどの例文を元にどういう考え方なのかを紹介していきます。

(    ) matters is your motivation.

センテンスの動詞はis のようですね。

is に続く補語はyour motivation、 「あなたのやる気」、となっています。
is は主語が三人称単数で現在形のときに使われる動詞です。

しかし直前の単語はmatters となっていて、名詞だとすれば複数です。

matters の前にone of などとできれば可能性はありますが、(    )に入る単語は1語です。

そうなりますとこのmatters は名詞ではなく動詞で、is の主語は主語+動詞のかたちをとっている名詞節であると考えられます。

what は先行詞を必要としない関係代名詞です。

単数形として続く動詞には現在時制であれば三人称単数現在のsが必要となります。

What matters is your motivation.

What matters は「問題であること」、「重要であること」などを意味します。

名詞節として主語となることができます。従ってセンテンス全体の意味は、「重要なのは君のやる気だ。」となります。

関係代名詞whatの使い方

それでは、この関係代名詞what についてもう少し調べてみましょう。

関係代名詞には「that、which、who、whom、whose」があります。

これらは関係代名詞節により、その前に置かれている名詞、先行詞を修飾します。

I bought a new car that is red.
「僕は赤い新車を買った。」
The result of the election which was held last month showed reliability to the conservative party.
「先月の選挙の結果では保守党への信頼感が示された。 」
The girl who is now on TV is my sister.
「今テレビに映っているのは僕の妹です。」
A lady whom I will see tomorrow was my teacher when I was a student.
「私が明日会いに行くある女性は学生時代の先生だった人です。」
Mr. Sato is a very rich man whose donation to UNICEF has reached to USD ten million. 「佐藤氏はそのユニセフへの寄付額が1000万ドルに達しているお金持ちです。」

このような関係代名詞と違って、関係代名詞「what」は、先行詞を必要としません。

その理由はwhat を使うときはその意味するところはthings which と同じであり、what の中に先行詞things を含んでいると考えられるからです。

単数a thing ももちろんあり得ます。

例文を見てみましょう。

Please give me what you have in your right hand.
「あなたが右手に持っているものを下さい。」

このセンテンスをthings which を使って言い換えて見ます。

Please give me things which you have in your right hand.

この表現ではwhat による関係代名詞節は動詞give の目的語となっています。

他の関係代名詞による節はほとんどが形容詞節であるのに対してこのwhat による節は名詞節となりますので目的語のみならず、主語あるいは補語にもなり得ます。

関係代名詞Whatが主語となる例

What he loves is jazz.
「彼が愛するものはジャズです。」
What she wants is your money.
「彼女が欲しいものは君のお金だ。」

関係代名詞Whatが補語となる例

These kitchen goods are what my mother sent to me.
「これらの台所用品は母が送ってくれたものです。」
This is what she gave me as a Christmas gift.
「これは彼女が私にクリスマスプレゼントとしてくれたものです。」

この関係代名詞what はthings which と言い換えられる限られた場合にしか使いませんからかなり限定されると言えます。

テストで良く出てくる関係代名詞Whatのパターン

It is no good to put off till tomorrow what we can do today.
「今日できることを明日まで延ばすのはいけません。」
What I except you to do is to study hard.
「君には一生懸命勉強してほしいんだ。」
I can’t believe what she said to me.
「彼女が私に言ったことを信じられない。」
What she requires to me is a large house with a swimming pool.
「彼女が私に要求するものはプールのある大きな家だ。」
This tragedy is what happened while you were not in.
「この惨劇が君の不在中の出来事だ。」
You should do what you can.
「出来ることをしなさい。」
That is what I wanted to say.
「それが言いたかったことなんだ。」

what mattersの使い方

That is what matters.
「それが大事なんだ。」
What matters is that you go back home with a smile.
「大事なことは君が笑顔で帰宅することなんだ。」
Our hotel knows high quality of service is what matters to you most every time you stay with us.
「当ホテルではご滞在のときはいつも質の高いサービスをご提供することが重要であると心得ております。」
関係代名詞whatには先行詞が必要ない

他の関係代名詞とは違い、先行詞を必要としないということを理解できたでしょうか。

いろいろな表現方法を身に付けますと英語の世界がどんどん広がっていきます。

それを楽しみに学習を継続していきましょう。

コメント