隙間時間を利用して英語の勉強ができるアプリ3選

英会話勉強法

仕事で忙しかったり、学校とバイトでなかなか英語の勉強に費やす時間がないですよね。

私も働きながら英語の勉強をしていましたが、なかなか継続するのはキツイものです。

しかし、これから話させて頂くアプリを使う事によって、職場・学校までの移動時間やランチタイムを有益な勉強の時間に変える事が可能であり、語彙力・発音の修正・英文文章能力の向上など、あなたの英語の能力を上げる事が可能なのです。

そこで、今回は、移動時間やスキマ時間で英語が勉強出来るアプリを3つ紹介いたします。

「Duoling」基礎をしっかり固めたい方にオススメ

これは、英語学習専門のアプリではなく、様々な他言語を学習できる無料アプリです。

自分がどの言語を学習したいかを設定すれば、あとはその言語に関しての学習が可能です。

難易度に沿って文法の学習が出来、しっかりした文法が身に付く

このアプリは、日本語の例文に対して、英語の文章で答えていくアプリとなっています。

問題に対する答え方としては、英文を打つ、単語を並び替えて正しい英文を作る、あとはスマートフォンのマイクに向かって英文を話す答え方です。

最初はbe動詞からスタートとなり、そのレベルの問題に正解していけば徐々に文法のレベルが上がっていくシステムです。

これは、英語を学びたい学生さんにも、英語を1から学びたい社会人の方にオススメです。

私の外国人の友達も全員このアプリを活用していました。

このアプリは、世界共通で利用されているアプリとなっています。

文法だけでなく、リスニング・スピーキングの練習も含まれている。

このアプリの問題は、日本語の例文が画面上に現れて、それを英文で答えます。

しかし、リスニングを使った問題もあり、例文を聞いて何を言っているかを英文で答える問題があります。

聞き取りがうまく出来ない場合は、英文も正しく書く事が出来ないので、リスニングの練習に向いていると思います。

また、前述で言ったように、スマートフォンのマイクを使って解答する問題もあります。これは、発音の練習に非常に役に立ちます。

多くの英語を学んでいる日本人はジャパニーズ英語になっており、日本人が理解出来る発音となっています。

そのため、海外に行くと通じない場合が多々あります。

この問題は、正しい発音を認識するので、正しい発音を身につける事が出来ます。

英語の学習で一番壁になるのがリスニングとスピーキングです。

ライティングだけではなく、リスニングとスピーキングの両方も学習出来る優れものです。

「究極英単語」単語を効率よく覚えたい方にオススメ

究極英単語は、英検・TOIEC・TOEFLなど英語の試験用の単語帳アプリです。

こちらのアプリも基本的には無料となっていますが、月600円で様々なバリエーションの機能が使えます。

単語の解説が詳しく書かれていて覚えやすい

通常の英単語用のアプリは、ただ日本語の単語を選択問題で当てはまる英単語を選び、正解していれば次の問題に進み、間違っていればやり直りと言うのが一般的だと思います。

しかし、この単語アプリは、間違った単語が動詞なのか名詞なのか何なのかを表示してくれ、さらに例文をあげてくれます。

英語を学習している身からしたら、例文をあげてくれるアプリはありがたいです。

なぜなら、その例文でどう言う状況の時にその単語を使うかを知る事が出来るからです。

同じ意味の英単語でも使い方が違う場合が沢山ありますので、使い間違いをしないためにも、正しい単語の使い方を知っておきたいですよね。

さらに、単語によっては写真や絵付きで解説してくれる場合もあるので、その絵、写真、例文の印象が頭の中に残り、より覚えやすくなります。

ただ単に単語をがむしゃらに覚えるよりは、このアプリで覚えていく方が効率的だと思います。

日常生活やビジネスなどフレーズが学べる

このアプリにはTOIEC、TOEFL、英検、大学受験、子供用の英単語など様々なカテゴリーに分けられており、様々なシチュエーションの英単語や英会話のフレーズを学ぶ事が出来ます。

各カテゴリーの中でもいくつかの種類に分けられています。

上記で記載しましたが、月600円で全種類の教材を利用する事が出来ます。

しかし、無料で利用する場合も教材の中の一部が使えるため、十分に利用できます。

例えば、英検では1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の段階に分けられており、無料で利用する場合は、2級まで利用する事が出来ます。

無料で使えるアプリにしては、充実した学習内容になっていると思いますので、ぜひ利用していただきたいです!!

「HalloTalk」海外の人と気軽にコミュニケーションが取れる

このアプリは、無料で海外の方達とコミュニケーションが取れるアプリです!

多分この1文で『もしかして、このアプリって出会い系アプリじゃ、、、(汗)』と思った人もいるんじゃないかなと思いますが、そうではありません。

このアプリはちゃんとした学習アプリとなっていますので安心してください!

自分が投稿した文章を海外の方に修正してもらえる

このアプリでは、アプリ上で自分のアカウントを作ります。

アカウントを作る際は、性別、出身国、年齢、学習したい言語と、自分が使える言語を入力します。

この設定によって、こちらがコミュニケーションを取れるのは、こちらが学びたい言語が話せる方とだけコミュニケーションをとる事が出来ます。

つまり、英語を話す事が出来る方だけとコミュニケーションをとる事が可能です。

年齢、自分が住んでいる国、都市も入力しますが、住んでいる場所は非表示にする事が可能なので安心してください。

アカウントを作った後は、『モーメント』と言ってツイッターみたいに自由につぶやけたり、誰かのつぶやきに対してレスポンスする事も可能です。

例えば、自分がモーメントで何かを英文でつぶやいたとして、その英文の文法が間違っていた場合、英語のできる外国の方がその文章を修正してくれます。

このアプリには、文の修正機能、単語の検索機能、言語変換機能、英語からローマ字読みの日本語変換機能、音訳機能があります。

このアプリのストロングポイントは、文章の修正機能によってどこが間違っているのかが分かりやすくなっているところです。

間違った文章には、横に赤線が引かれており、その下に正しい文章が記載されているような感じです。

あまりこの様なシステムはみた事がないですし、ネイティブの方やネイティブ並みに英語が使える方が修正してくださるので、その面でも安心できます。

また、モーメント上で面白い人だなーとか、この人と連絡とってみたいなーと思えば、相手のアカウントをフォローする事が可能です。

フォローする、しない関係なしでダイレクトにメッセージをやり取りする事もでき、ダイレクトメッセージ上でも上記のシステムを利用する事は可能です。

ダイレクトにメッセージは、自分のメールアドレスは一切利用しないので大丈夫ですし、特定の人のメッセージを拒否する事も可能です。

変な人に関わりたくないとか、特に異性とはコミュニケーションとる必要ないなと思う人は、同性のみとだけコミュニケーションを取れる様に設定する事も可能です。

利用している方の中には出会い目的で利用されている方もいるので、不安な方は同性のみの設定をしてもらえれば大丈夫です。

モーメントやダイレクトメッセージをスキマ時間で使う事で、ライティングの練習が出来ます。

無料でネイティブの方と会話する事が可能。

このアプリ上では、電話をすることが出来ます。

この電話も自分の電話番号を知られる事はないので大丈夫ですし、wi-fiを利用していただければ国際通話にもならないので大丈夫です。

電話はメッセージの画面から出来るのですが、フォローされていない人でもメッセージが送れる様になっていれば、向こうから電話がかかってくる場合も可能性としてはあります。(その様な事は聞いた事はあありませんが。)

ただ、それも設定上で電話をかけてこられない様にする事が可能なので安心してください。

無料でネイティブの方、英語がネイティブ並みに話せる方々と話せるので、確実に英会話力が上がります。

また、向こうもこちらが何を言っているか必死で聞いてくれるので、発音の修正も行ってもらえます。

ただ、相手とダイレクトメールや電話が出来るという事は、向こうも日本語を学びたいから連絡してくれていると言う事なので、一方的に英語だけ使う事は礼儀としてやめときましょう。

お互いに学びたい言語を高めあっていけると言うのが、このアプリの強みです。

まとめ

今回は、Duolingo、究極英単語、HalloTalkを紹介させていただきました。

Duolingoで文法能力を身につけ、究極英単語で様々な語彙を覚えて、HalloTalkでネイティブの方々と英語で会話して英会話能力を上げ、英文も修正してもらう事で文章能力も向上出来ます。

この3つのアプリは、実際に私がスキマ時間の中で使っているアプリであり、そのスキマ時間を使う事で、普通に勉強するよりも早く英語力を上げる事が出来ました。

効率よく勉強するためにも、ぜひこれらのアプリを利用してみてください。

コメント