日本人は英語を間違えても恥ずかしくないという考え方が重要

英会話

学生であれば授業中に挙手をして英語の発言をしたり、社会人では英会話スクールやビジネスの場で英語を使う時に、「間違えると恥ずかしいな・・・」と思った経験はありませんか?

これが英語での発言をせき止めてしまう大きな要因なのですが、どうしたら恥ずかしさを取り除くことができるのでしょうか。

珍しいのかもしれませんが、私は何故か英語で間違えることを恥ずかしいとは思わず、むしろどんどん外国人と話したい!とうずうずしてしまうタイプです。

どうしてそう思うのかを自分なりに分析すると、恥ずかしくない理由が見えてきました。

もし英語が話しづらいと感じているのであれは、是非参考にしてみてください。

そもそも母語じゃないのだから間違えて当たり前

私は生まれも育ちも日本で、外国人を見ることさえほとんどない地域に住んでいます。だからもちろん最初から英語がペラペラだったわけでもありません。

そうならもっと自信を持って発言できるので、そりゃ恥ずかしさなんてないでしょうね。でも、残念ながらペラペラではなかったので、その時には間違えだらけでした。

ただ、海外に興味があり、特にイギリス人と話す機会があった時にはものすごくテンションが上がりました。

学校にいるALTがイギリス出身だった時、何かと理由を付けては話したいなと常に思っていたのです。

そんな時には、話せなくて当たり前だと自分自身を認識していました。

「だって帰国子女でもないし留学もしていないしハーフでもないし、日本人なのだから、今学んでいる最中なのだから」そんな風に思って高校時代はALTに話しかけていました。

上手く喋れないことを前提として話していた、それが当たり前のものとしていたのが恥ずかしさをなくせた理由かなと思います。

会話でもっとも避けたいものは「変な間」

英語と言っても、人と話していることには変わりないので、どんな言語を使おうとそれは「会話」となります。そしてその会話で最も私が避けたかったのは「沈黙」です。

母語なら何気ない会話で間を持たせることができますが、母語でない場合にはそれが容易ではありません。

向こうから話を繋いでくれることもありますが、それに反応できなかったら変な間が生まれます。私はこれが苦手なのです。

ということで、英語で話す時にもこの間ができないようにと、とにかく詰まらないようにと無意識に脳が動いていたのだと思います。

そんなに気の利いたことは言えないので、単語だけであったりわかる範囲でとにかく何かしらを発言しました。

その時の発言というのは単語だけだなんて間違いだらけですし、文章にすらなっていません。しかし、簡単な会話であれば通じることをわかっていたので続けました。

変な間を作るくらいなら失敗したり間違えたりした方が良いと思っていましたし、それに対して恥ずかしさは感じませんでした。変な空気が流れる方が嫌だったのです。

ジェスチャーと表情筋が言葉より役に立つ

日本語ほどニュアンスを相手に英語で伝えることができなかった私は、ある日人に言われて英語で話している時にはジェスチャーが大きくなり、表情も豊かになっていると指摘されたことがあります。

それまでは意識したことがなかったのですが、言われてみれば確かにそうだと認めました。

人がコミュニケーションをとる時、表情によって伝わるものは70%とも言われています。言語で意思疎通をしているつもりでも、かなりの確率で表情がそれを占めているのですね。

手話でも、実は手の動きより表情で伝えることの方が重要だと聞きました。

英語が堪能でないなら、それを補おうとして私はジェスチャーと表情で表現をしていたのですね。

これは、相手に誤解を与えないようにするためであったり、知らないうちに傷つけないようにするためでもありました。

私に悪意がなくても、勉強不足のために相手に変なことを言ってしまう可能性は意識していました。

もし仮に変なことを言ってしまったとしても、その時に笑っていればその表情で英語の拙さから生じた私の間違えだと気付いてもらえると思ってのことです。

ずっと真顔だったらきっと勘違いされていたかもしれませんけどね。

表情豊かに喋っていれば相手に間違った意味が伝わる確率は低い。そうどこかで感じていたので、言葉で間違っても大丈夫だという安心感はありました。

拙い英語ってかわいくない?

私は、テレビで見る外国人の拙い日本語を、不謹慎かもしれませんがかわいいと思ってしまいます。間違えたとしても推測して理解できますし、相手に悪意がないのはわかっています。

まだペラペラではないものの、それこそが日本語を頑張って覚えてくれているのだなと感じられて好感が持てました。

そして、これは自分にも当てはまるのでは?と思っていました。

「間違えもかわいい、自分の母国の言葉を一生懸命に話してくれている」と思う自分のこの感情を相手が持ってくれているのだとすれば、私は英語を間違えても恥ずかしくないどころか、それも味があっていいじゃないかと思えたのです。

これが私の今の英語力の精いっぱい、そう相手に示すのは悪いことではないと思いました。だから恥ずかしさなんてないのです。

もちろん全ての人が、私の拙かった英語を一生懸命理解しようとしてくれるとは思っていません。

実際、後に留学した際には郵便局など公共の場でもたもたしているとかなり相手がイライラしていることが露骨にわかりましたし、自己嫌悪にも陥りました。何故相手が言っていることがわからないのかと。

でも、こういう怖い思いをしたとしても、やはり何かしらは話さないと余計相手とコミュニケーションができなくなってしまうことは確かですよね。

英語は間違えて当たり前

英語を間違えるのは母語でないのだから当たり前。

表情で語れば間違っていても誤解されることはない。頑張って伝える姿勢は相手には好感が高い。

こんな調子で考えていた私は、間違った英語を話すことを恥ずかしいとは思いませんでした。

良い悪いは別にして、英会話を習得するためにはあった方が話しやすい考え方ではないかなと思います。

コメント