海外留学するならばクラブ活動をするべき2つの理由

留学

これから留学をする予定で、留学中は時間を有効に使いたいなと思いませんか?

留学は主に修学が目的ですが、授業の他にクラブ活動も重宝した方が良いと言われています。そこでアメリカ留学2年目の私がこの理由を説明します。

英語のトレーニングになる

クラブ活動に参加する一番のメリットは英語のトレーニングになることです。

もちろん留学生活では授業など日常的に英語を使いますが、授業が英語でも考える言語は日本語ですし、日常生活で使う英語は徐々にパターン化されますから、半年を過ぎると英語力が伸び悩みやすくなります。

そこからの英語力を鍛えるためにはクラブ活動が絶好の機会なのです。クラブにも種類があり、スポーツ系から専攻に関するものまで様々です。

私は後者のクラブに所属しています。自分の好みに合わせて選択しましょう。

ここで向上が期待できるのは英語での口頭コミュニケーション能力です。

英語で意思の疎通を図るには語彙力だけでなく、むしろ語彙力以上に伝える構文の体得が必至です。実際に英語で話すとすぐ分かることですが、細かい文法が多少間違っていても意味内容は伝達できます。問題なのは文の組み立て方です。

日本語と英語では根本的に文法が異なりますから話しづらいと感じるのはやむを得ません。克服するには伝えたい内容を英語でイメージして何となくの状態から話し始める能力です。

これがいわゆる英語脳の形成なのでしょうが、クラブ活動ではこれに関してとても良い訓練が出来ます。

クラブ活動では授業よりもリアルな実践学習が出来ます。私の所属するクラブはイベントの企画、管理、運営に携わっています。

場面によって使う英語も話す相手も異なりますから、ハイレベルですが学習にはとても良い環境です。

またクラブメンバーとの交流は特に有意義なものがあります。通常の授業は学生間のコミュニケーションより教授とのコミュニケーションのほうが重要ですし、良い成績を修めるにはそのような優先順位を明確にしなければならない事もあります。

一方クラブ活動では共通の目標に向かってお互い刺激し合って貢献し合う作業を行いますから、学生同士のコミュニケーションがとても重要な役割を果たすことになります。

ネイティブスピーカーとのコミュニケーションはハードルが高く、最初は周囲からあまり期待されづらい側面がありますが、できる事を見つけたら積極的に関わってアピールしましょう。

それをきっかけに活動に関与していくことが出来るようになるでしょう。

少人数のクラブ活動ではメンバー一人当たりの比重が重くなりますから、比較的早くから周囲と打ち解けることが出来るかもしれません。

また少人数なら誰でもリーダーのように集団の意思決定に関与しやすくなります。

就職活動でのアピールポイントになる

就職活動では「学業面以外で頑張ったこと」を必ず聞かれます。ここにアルバイトやボランティア活動と同様にクラブ活動の記述も出来れば良いアピールができそうです。

どんなクラブでもある一定の目標に向かって活動しています。目標達成のために自分が貢献した経験は評価されます。企業や事業主体は基本的には利益を追求して動いていますが、この目標に対して行うビジネスの形態と、目標達成に向かって活動するクラブ活動は類似点が非常に多いからです。

例えば300人の集客を目指したイベントを企画する際に何らかの提案を行ったり全体の活動を指揮・支持したりすることで目標が達成されれば、やりがいもありますしその経験を就職活動で活用できます。

また、授業以外にも活動することは他の人にはない生活上の制約を受けることになりますが、これを含めて時間管理や職務遂行を含む自己管理能力を鍛え、最終的にはこれをアピールできる水準まで引き上げていくことが出来ます。

「あなたの長所は何ですか」これも就職活動では定番の質問です。一般的には、行動力、集中力、分析力、企画力、協調性、統率力など、個人の得意とする行動分野をアピールします。そのバックアップ情報としてクラブ活動は参照しやすいです。

先程提示した300人集客のイベントの例では、この当事者は状況を分析し、それを鑑みて企画、決断、実行しました。この活動は個人の分析力、企画力、決断力、行動力を総じて肯定してくれます。

同様に短所の説明もクラブ活動を例に使うと説得力が増します。

挑戦的な活動に参加すると自分に足りない力を痛感する事が良くあります。それは自分の短所だと言えるでしょう。

ここで終わるとアピールできませんが、これを克服するために実践したことや、ついには克服した暁にはこれも企業にアピールできます。短所の記述欄を挽回ストーリーなしで終わらせるのは勿体ないことです。

まとめ

これから留学しようとしている方にとって就職活動を意識するのは少々時期早々ですが、留学は就職活動に密接にかかわりますから、どんな留学をするか目的を持った計画を立てることは大切です。

また、学業の支障になるとの理由でクラブ活動を忌避する留学生もいますが、多岐に渡る活動に参加することで得られるものもあります。

本稿があなたのより良い留学生活の形成に貢献できれば幸いです。

コメント