カタカナ英語で伝わる!海外で病院に行った時に使える英会話フレーズ

英会話フレーズ

海外旅行は、長旅の疲れや気候の変化で意外と体調を崩す人が多いんですよね。

場所によっては足元も悪くて歩きにくいなんていうこともあるかもしれません。

体調を崩した、怪我をしたという場合に役に立つ英語フレーズをカタカナ英語でも伝わるようにご紹介します。

病院で必要になる英単語

Hospital → ホスピトー
病院

Emergency → エマージェンスィー
救急

Ambulance → アンビュランス
救急車

Reception→ レセプション
受付

Pharmacy → ファーマスィー
薬局

Theatre→ スィアター
手術室

Imaging → イメジン
レントゲン室

Pathology → パソロジー
各種検査

Non-smoking → ノンスモーキン
禁煙(席)

Toilet → トイレッ
トイレ

気分がすぐれない時に使うフレーズ

I don’t feel well. → アイドンフィーウウェウ
気分が悪いです。

Is there anywhere I can sit?→ イズゼアエニウェーアイキャンスィッ
座れるところはありますか。

Where is the rest room? → ウェーイズザレストゥルーン
お手洗いはどこですか。

Where is the pharmacy?→ウェーイズザファーマスィー
薬局はどこですか。

Could I have a glass of water, please? → クダイハヴァグラーソブウォーラー
お水をいただけますか。

Is there a hospital nearby? → イズゼーアホスピトーニアバーイ
近くに病院はありますか。

Could you please call an ambulance? → クヂュプリーズコーラナンビュランス
救急車を呼んでください。

海外の病院で診療が始まる前に使うフレーズ

Q: Do you have an appointment→ドゥーユーハヴァナポインメン
ご予約は。

 

A1: Yes, I do. My name is xxx and I have an appointment at xxxx. → イェスアイドゥ。マイネイミィズxxx エンダイハヴァナポインメン アッ xxxx
はい、私はxxxxです。xxxx時に予約しています。

A2: No, I’m a visitor here. → ノーアイマヴィズィターヒア
いいえ、旅行者です。

 

旅行者は診ませんという診療施設もあるかもしれません。

Sorry, we don’t take any new patients. → ソーリーウィドンテイケニニューペイシェンツ
申し訳ありませんが、新患は受け付けていません。

そうなった場合は、宿泊先で診てくれる医師を紹介、できれば予約してもらえないか聞いてみてください。

Do you know any medical practitioners who I can see ?→ドゥーユーノウエニメディカルプラクティショナーフーアイキャンビースィーン
私を診てくれる医師をご存知ないですか。
Could you please make an appointment for me?→クヂュプリーズメイカナポインメンフォーミー
予約していただけませんか。

予約がなくても診てくれるという場合は、個人情報の提供を求められるはずです。

 

Could you please fill this in?→クヂュプリーズフィウディスィン

Please complete this form. → プリーズコンプリーディスフォーン
この書類を記入してください。

 

住所と電話番号は、滞在先のものを提供します。たくさん記入事項がある場合には、持病についての質問であることが多いです。電子辞書などを利用しながら記入してみてください。

また、身分証明のためにパスポートを持っていくようにしましょう。

日本に戻って海外旅行保険に申請する場合は、医師の診断書の提出を求められることが多いので、事前に受付で、

Could you please issue a doctor certificate?→クヂュプリーズイシューアドクターサーティフィケ
診断書を発行してください。

病院の医師との診断の際に使うフレーズ

How can I help you?→ ハウキャナイヘウピュー
どうされましたか。

I have been feeling sick for the last few days. →
アイハッビーンフィーリンスィックフォーダラースフューズデイズ
ここ数日気分が悪いんです。

 

Do you have a headache? → ドゥユーハヴァヘデイク
頭痛はどうですか。

Do you have a sore throat? → ドゥユーハヴァソースロー
喉は痛くないですか。

Do you feel dizzy?→ドゥーユーフィーウディズィー
めまいはしますか。

 

Do you ~?で始まる質問の時には、

Yes → イェス
No→ノー

で答えます。

医師がよく使いそうなフレーズ

Let’s check your temperature. →レッツチェックヨーテンプレチャー
熱をはかりましょう。

Open your mouth and say “ah”.→オープンヨーマウセンセイ”アー”
口を開けて「あー」と言ってください。

I think it is a virus.→アイスィンキティズヴァイラス
ウイルスでしょう。

I think you have a cold.→アイスィンユーハヴァコール
風邪でしょう。

Get plenty of sleep. → ハヴァプレンティーオブスリープ
たっぷり寝てください。

This is a prescription for you.→ディスイズアプリスクリプションフォーユー
処方箋です。

These are antibiotics.→ディスイズアンティバイオティック
抗生剤です。

Take this twice a day until you have finished it. →テイディストゥワイサデーアンティウフィニッシィッ
一日2回なくなるまで飲んでください。
その他のお役立ちフレーズ

Excuse me. → エクスキューズミー
すみません。(呼び止める)

Please speak slowly. → プリーズスピースローリー
ゆっくり話してください。

Where is the rest room? → ウェーイザルェストゥルーン
御手洗はどこですか。

まとめ

海外では医療機関でも(小さな診療所でも)クレジットカードでの支払いが可能なところもあります。

海外旅行保険に加入していても、全額自分で支払ってから帰国後に保険会社に請求というスタイルの利用が多いようなので、加入した保険の内容を事前に確認しておきましょう。

歯科治療についても、緊急手当については海外旅行保険を利用できますが、本格的な治療(例えば銀歯が取れたので思い切ってセラミックのものにしてもらった)については、保険対象額の上限が低めに設定されている場合もあるので、こちらも事前に必ず保険内容を確認してください。

不運にも大事故に遭ってしまって、日本に帰国することができないという事態になったら、迷わず旅行先の日本大使館または領事館に連絡することをお勧めします。

事前に調べて大使館または領事館の連絡先をメモしていくようにしてください。

常に服用しているお薬は、手荷物に入れて機内に持ち込んでおけば安心です。

万が一荷物検査でバッグの中身を確認されるようなことがあっても、すぐに中身がわかるように、ジップロックなどの透明なバッグやビニール袋に収納しておきましょう。

処方箋もお薬を落としてしまったという時に困らないように、旅先に持っていくようにしましょう。

日本語で書かれているものでも、スマホなどで英語表記を検索できるので心配ありません!

コメント