高校生にアメリカ大学進学を本気で勧める4つの理由を公開

留学

進学先に迷っている高校生の方はいませんか?

現在大学入試や就職活動など、人生を左右するビックイベントの制度が見直されており、これからの進路に悩むのも無理はありません。

そこでアメリカ正規留学を視野に入れてみませんか?

アメリカ留学なんて無理だろう・・・。と思っている人こそしっかりとこの記事を読んで欲しいです。

進学としてのアメリカ正規留学

なぜ大学に進学するのでしょうか。仕事に役立つスキルを得るため、興味のある学問を勉強するため、学位を取るためetc.

様々な考えがありますが、本稿では特に仕事に役立つスキルを得たいという方にアメリカ正規留学を勧めます。

入学が簡単

アメリカ正規留学を考えたときにまず挙げられる利点として、入学の容易さがあります。

もちろん留学生にはTOEFLで一定点数取得など条件が課されますが、一般的な日本の大学入試を攻略するよりは断然楽です。

ただし空けた時間の使い方には用心しましょう。ただグウタラ過ごしていると何も得るものがありませんが、これから将来社会に出て活躍したいと思うのでしたら学校の勉強以外にも社会勉強しましょう。

一般的な受験生は受験勉強に忙しくてアルバイトなどする余裕は無いでしょう。でも留学希望者は違います。高校生の今でもアルバイトする時間があるのです。

アルバイトなどの社会勉強を通して社会性、対人スキルやコミュニケーションスキルのトレーニングをすることは、グループワークの多いアメリカ生活への準備にもなりますし、就職活動においても大きなアピールポイントになります。

学習内容の変更が可能

アメリカの多くの大学では出願する際にMajor (専攻) を設定します。これは大学によっても多種多様で、日本の大学には無いような学問領域も数多くカバーされています。

しかもこの専攻はいつでも変更が可能です。

「今ビジネス学専攻だけどやっぱり航空学にしよう」というのが出来るのです。

日本でも東京大学など一部の大学では出願時に学部の希望を出さなくて良い入試制度を取っている大学もありますが、アメリカの大学では入学した後でも変更できます。

また専攻科目を二つ持つ「ダブルメジャー」や、副専攻「マイナー」を設定することもできます。もちろんこれらも随時変更可能です。

更にアメリカの大学では転学の制度が整っています。

大学によって勉強内容や研究内容の特色は異なりますから、それらの情報を基に随時判断できるのは魅力のひとつです。

これは学費を抑える為にも活用できる制度で、初めに比較的学費の安い内陸部の大学に進学し、後々東海岸や西海岸の大学に転学する手法や、まず短期大学に相当する2年制のコミュニティーカレッジに入学し、そこを卒業した後に4年制大学に3年次編入するという手法もあります。

一定の4年制大学に初めから入学するよりも学費を低く抑えられる効果が期待できます。

心変わりは人の世の常というものです。

学費を追加で徴収される場合もありますが、求める勉強をさせてもらえる環境が整っていると言えます。

英語が使えるようになる

言うまでもありませんがアメリカの大学の授業は英語で行われます。クラスメイトとの会話も、テストも英語です。

日本国内での暮らしに慣れている私たちが完全に英語の世界に移住するのは抵抗があるかもしれませんが、同時に英語力を高める絶好の機会でもあります。

国際化が進行し競争が激化する将来、実践的な英語力は重要な能力になると思われます。

また、世界中の人々と意思の疎通を図り、共同作業を行うことで新たな価値を生み出す無限の可能性を手にすることもできます。

極端な話、工学部を卒業してもエンジニアにならない場合や、法学部を卒業しても法曹にならない場合など勉強したことを十分には生かさない進路宣徳を取ることは往々にしてありますが、英語力はどの分野にでも貢献できる学問分野の一つです。

もちろん日本国内で英語力を鍛えることも十分可能ではありますが、留学を通して培った英語力はより輝いたものになるでしょう。

バイリンガル専用の就活フォーラムに参加できる

日米のカリキュラムの違いで留学生は一般的な就職活動に時期的に不利な状況があります。

もっとも経団連や政府によって就活ルールが変更されれば根本的に解決されることもあり得ますが、全く異なる手段を取ることもできます。

それがバイリンガル向け就活フォーラムの参加です。

代表的なものにボストンキャリアフォーラムという日英バイリンガルのための就活イベントがあります。

日系企業のみならず外資系企業も数多く参加しており、その日のうちに内定を出してもらえることもある魅力的なイベントです。通常毎年11月に開催されます。

就職活動には学歴、職務経験、課外活動など多くのことを問われることになりますが、在学中に能動的に動いて経験を重ねることで、世界に名を馳せるような有名企業や優秀な企業をも狙えるポジションを確保できます。

まとめ

アメリカの大学に進学する意義を綴ってみましたが、いかがだったでしょうか。

留学というと費用や手間など準備の段階から敷居が高いように感じられますが、その有用性を最大限に活用すれば費用対効果も十分見込める進学先ではないかと思います。

あなたの進路を考えるにあたってご参考になれば幸いです。

コメント