海外の病院で困った時に役に立つ英単語フレーズのまとめ

英会話

旅行であっても留学であっても、海外で体調を崩してしまう可能性は誰にでもありますよね。

慣れない土地で体調を崩すだけでも不安なのに、英語を使って病院で診察を受けるとなると心細くなるのは当たり前です。

しかも病院で使う単語や言い回しなどは、日本語でさえ専門用語が多かったり、聞いたことのない単語が飛び交うので、英語ではどうなるんだろう?と思いますよね。

しかし、ある程度単語やフレーズを覚えておけば、海外の病院でもスムーズに診察を受けることができますよ。また、旅行先で使うのはもちろんですが、日本の医療現場で働いている方は、外国人の患者さんに対応する可能性もありますよね!

こういった状況に備えて今回は、よく使う単語や表現をまとめてご紹介したいと思います。ぜひ万が一のために日ごろから学習しておきましょう。

症状を伝える単語編

まず何よりも大切なのは、どうして自分が病院に来たのか、つまりどんな症状があるのかを伝えることですよね!そこでここでは、よく使う単語をご紹介したいと思います。

痛みを表す単語

まず一番一般的である、痛みがあって診察にかかる場合。どこがどんな風に痛いかを伝えることがポイントですよね。

よく知られるacheもしくはpainという単語でOKです。

・Headache (頭痛)/ Stomachache (胃痛)/ Toothache(歯痛)
・Severe pain (ひどい痛み)/ Dull pain (鈍い痛み)/ Sharp prick(刺すような痛み)

※喉の痛みに関しては、sore throatといって、acheという単語は使わないので注意しましょう。

体の不調を表す単語

そして次に、目立った痛みがあるわけではないけれど、体全体に不調を感じる場合。もしかしたらこちらの状況のほうが辛いかもしれませんね。

そんなときでも、なるべくお医者さんに症状を伝えられるよう、こちらの単語は覚えておきましょう。

・Flu (インフルエンザ)/ Pneumonia(肺炎) / Cold(風邪)/ Fever (熱)
・Upset stomach (胃の不調)/Nauseous(吐き気)/ Throw up(吐く)
・Diarrhea(下痢)/Constipation(便秘)
・Anemia (貧血)/ Cramps(生理痛)
・Cough(咳)/ Stuffy nose(鼻づまり) / Runny nose(鼻水)
・Appetite(食欲)/ Tired (だるい)
・Injury (ケガ)/ Bruise (打撲)/ Cut(切り傷)/ Fracture(骨折) /Inflammation(炎症)

病院の「科」を表す単語

これは日本の病院などで働く方のほうが使う単語になるでしょう。

・Hospital(総合病院)/ Clinic(医院)
・Internal medicine(内科)/ Neurology(神経内科)
・Surgery(外科)
・ENT(耳鼻科)Ob/gyn(産婦人科)
※ENTはear,nose,throatの略、Ob/gynはobestrics&gynecologyの略です。

・Radiology(放射線科)
・Dermatology(皮膚科)

おまけ:Prescription(処方箋)/ Medicine(薬)/Medical questionnaire(問診票)

ちなみに、アメリカで病院にかかる場合、留学や旅行で訪れている方は基本的に、急患扱いになります。

そのため、自分で何科を受診するのかを決めるわけでなく、総合受付に行き受付表を書き、最初に看護師さんの問診からスタート。

その症状を受けてドクターが来てくれるという流れになるので安心しましょう。

そして診察後に薬をもらう場合には、日本と同じように処方箋を持って、病院内の薬局か近くのスーパーなどに入っている処方箋薬局で購入することができますよ。

症状を伝えるフレーズ編

症状を伝える単語を覚えておけば何とかなるものではありますが、しっかり伝えるにはやはり文章で伝えましょう。

決まったフレーズはそのまま覚えてしまうのが楽ですよ!先にご紹介した単語を使った例文や、決まったフレーズをご紹介していきたいと思います。

・I have a pretty bad. (かなりひどい頭痛がします。)
・I feel a chill.   (悪寒がします。)
・I have a fever.    (熱があります。)
・I had a fever last night so took over-the-counter medicine.
(昨夜熱があったので、市販薬を飲みました。)
・I didn’t check my temperature. (熱は測っていません。)
・I feel nauseous. / I feel I’m going to throw up. (吐きそうです。)
・I have a sore throat and runny nose. (のどが痛くて、鼻水が出ます。)
・I’ve had diarrhea since yesterday morning. (昨日の朝から下痢をしています。)
・I’ve been coughing a lot.   (ずっと咳が出ています。)
・I’m tired all the time and have no appetite. (ずっと体がだるくて、食欲もありません。)
・I got a bruise on the leg. (足に打撲があります。)
・I got a deep cut in my arm. (腕に深い切り傷を負いました。)

このように症状を伝える場合には、おもにhaveを使って表現することができるので、あまり難しく考える必要はありませんよ。

また、いつからその症状が続いているのか聞かれることも多いので、そういった場合は現在完了形を使いsince~といつからなのかを伝えましょう。

病院で使う英単語は専門的な用語が多い

病院でのやりとりは予想外に専門的な単語が登場してくることがあるので、電子辞書を持参するのがおすすめです。

アメリカで通訳の仕事をしている方でさえ、医療通訳には辞書を持参することが多いので、恥ずかしいことではありませんよ!

電子辞書なら単語が聞き取れなかった場合にも、ドクターに単語のスペルを打ってもらえるので安心です。

またある程度大きな街の病院であれば、モニターを通しての通訳サービスを利用できることが多いので、一度尋ねてみるのもいいでしょう。

普段、英語を勉強していてなかなか単語が頭に入らないという方も、このように「病院で使う」という状況に限定して、自分の場合を想定しながら単語やフレーズを学習していけば覚えやすいです。

コメント