英語で簡単な日記を書こう!1文からできる英語ダイアリー

ライティング

英語でリスニングやリーディングなどはできても、スピーキングやライティングが不得意という人はたくさんいるでしょう。

今回は、ライティング力を伸ばすための英語学習法、「英語1文ダイアリー」をご紹介します。

この記事を読めば、英語学習者の多くのライティング力が伸びない理由、英語1文ダイアリーのやり方とその効果が分かります。そして、スピーキング力の向上にもつながるというおまけまであります。

ライティング力が伸びない理由

英語学習者の中でライティングの力が特に伸びないという人が多いのは不思議ではありません。なぜなら、実際に自分で英語を書く勉強や練習をしていないからです。

学校の英語の授業では、リスニングやリーディングにたくさんの時間を費やします。そのため、英語が苦手な人でもこの2つはまだマシだという人がいるぐらいです。

一方で、英語で話したり書いたりという時間は非常に少ない傾向にあります。学校の授業に限らず、独学で英語学習をする際にもそれは同じです。

ライティングの力を伸ばしたいなら、もちろん英語で書くことを勉強に取り入れる必要があります。では、独学で英語を勉強する場合に、どうやってライティングの勉強をすれば良いでしょうか?

英語で日記をつけて失敗する人

英語で日記をつけることがライティングの練習に良いというのは聞いたことがあるかもしれません。そして実際に試したことがある人もいるかもしれません。

通常のように英語で日記を書くというのは、上級者向けの学習方法です。英語である程度まとまった文章を書こうとするとかなりの時間を必要とします。そうすると、毎日続ける時間がなかったり、面倒だと感じてしまったりします。

せっかく日記を書くという素晴らしいやり方なのに、毎日続けられなければ効果が少なくなってしまいます。英語が上達するには継続が大事です。

頑張って続けられたとしても、毎日同じことばかり書いてしまうのも問題です。朝7時に起きました。朝ごはんにパンを食べました。というように同じ文を毎日英語で書いても成長できません。

では、英語で日記をつけることを英語学習法とするのに、どうすれば適切なやり方になるでしょうか?

英語で1文章を日記につける(英語1文ダイアリー)

今回ご紹介する英語1文ダイアリーは1文書くだけです。だから毎日続けられます。ただ単に毎日の日記を何行か英語で書こうとすると、小学生が日本語で書いた日記のようになってしまいます。それはいきなりその日の出来事を英語でまとめようとしてしまうからです。

これを避けるために、毎日英語で1文だけ書くことにします。なるべく毎日違うフレーズや単語を使うことをルールとします。

例えば、英語で日記を書こうと思った時によく書くのは次のような文です。

I got up at 7 this morning. (私は今朝7時に起きました。)

これを書いたら、次の日からget up (起きる)という熟語は使わないことにします。

I had a piece of toast for breakfast.(私は朝食にトーストを1切れ食べました。)
I overslept today. (私は今日寝坊しました。)

このように朝の時間を例にとっても、英語で様々なフレーズや単語を使った文を作ることができます。

通勤時間のこと、職場や仕事のこと、家に帰ってからのことなど1日の中で書くことはたくさんあるでしょう。休日になれば、平日とはまた違った内容の文を書くことができます。

英語で日記をつけることの効果

毎日違うフレーズや単語を使うので、「これは英語で何て言うんだろう?」と調べる習慣がつきます。調べる際に、日本語を入力して英語の単語やフレーズを調べるだけではありません。

文を書こうと思うとその調べ方だけでは書くことができないからです。

辞書を調べるときに、英単語を調べて終わりではなく、その使い方も調べるようになります。オンライン辞書を使う場合には、下までスクロールして、文の中でどのように使われているのか例文を見るでしょう。

これがライティング力が伸びるカギです。英単語を知っているだけで終わらない、その使い方までも知っていることで英語が書けるようになります。

英語で日記をつけることはスピーキング力にもつながる

嬉しいことに、英文1文ダイアリーの効果はライティング力アップだけにとどまりません。スピーキング力も伸ばすことができます。

その理由は、英単語の使い方を知っているからです。そして自分に関連する事柄を英語で表現する方法を知っているからです。

英会話ができないという理由には、大きく分けて2つあります。1つは、単語やフレーズをたくさん知っていても使い方が分からない。もう1つは、自分のことを英語で表現できないというものです。

これら2つの問題を解決するのが英語1文ダイアリーです。毎日単語やフレーズの使い方を知って文にする練習をするから会話でも使うことができます。日記を英語でつけるので自分の日常や感情を表現できるようになります。

まとめ

英語のライティング力を伸ばしたい人のためにお勧めの英語1文ダイアリーをご紹介しました。普通に英語で日記をつけるのとは異なり、1文書くだけだから続けられます。

そして毎日新しい英単語を調べて覚えて使うことができます。ぜひお試しください。

コメント