幼児英語教育はいつからするべき時期なのかと教材について

育児英語

最近では小学校から英語の授業が組み込まれるようになりましたが、家庭では一体何歳から、どのような英語教育を始めたら良いのか悩んでしまいますよね。

「わが子に苦労させたくないから、早期から英語教育を受けさせたい」と思う親御さんは多いと思います。

近年、国際化する日本ではますます英語の重要性が高まりつつあります。
私たちの子供たちが社会に出る頃には、もはや英語ができることが必須となり、出来ない人が損をするという「英語格差」が生まれると言われています。

この記事では子供の英語教育を始めるべき時期と、手軽に始められる英語教材について書きました。

英語教育は3歳までに始めよう

赤ちゃんはどの国に生まれても、必ずその国で話されている母国語を話せるようになります。それは、赤ちゃんの脳がどの言語の音にも対応できる能力を持っているということです。

世界には多くの言語が存在し、それぞれ違う周波数を持っています。赤ちゃんは産まれた瞬間から自分の周りの人たちが話す言葉を聞き続け、1歳頃から少しずつ理解し始め、2歳頃から自分も同じ言葉を真似して発するようになります。

しかしその素晴らしい能力は、3歳くらいまでになくなってしまうというのです。
この時期になると周波数を感知する脳細胞自体が無くなる為だと言われています。

英語は日本語にはない高い周波数が中心であるため、3歳までの「聞き取り黄金期」を過ぎると聞き取りが困難になってしまうそうです。

「LとR」「BとV」の違いなど、英語スピーカーにとって重要な発音を自然に聞き分けできるこの期間を逃すのは惜しいと言えるでしょう。

私には1歳になったばかりの息子がいますが、生後半年くらいから毎日少しずつ英語に触れさせています。

0歳からなんて少し早すぎるのではと思われるかもしれませんが、赤ちゃんの脳のしくみを考えるとそうのんびりとしてはいられません。

わが子をバイリンガルにするかどうかはともかく、将来本格的に英語を学ぶときの為に「英語耳」を準備してあげる という意味で早期の英語教育をオススメしています。

早期英語教育はお金をかけなくても始められる

早期英語教育と身構えなくても大丈夫です。

この時期の英語教育は、とにかく本物の英語を耳に入れることが目的ですので、あまりお金をかけなくても身近にあるもの・簡単に手に入るもので実行が可能です。

子供用の英語の歌が収録されているCDを毎日かけ流す、これだけでも立派な学習です。
赤ちゃんは音楽が大好きなので、情操教育の面でもお勧めです。

また、テレビでも面白い英語教育番組がいくつかやっていますし、もともと有料チャンネルに加入している方は、子供用の英語番組をたくさん見つけることができると思います。

子供に本格的に英語教育を受けさせてみたい親御さんにとって、広告で良く目にする有名な会社の教材が最も魅力的に感じるかもしれません。

しかし、すぐ飽きるかもしれない赤ちゃんの為に高いお金を出して買ってもいいものか、尻込みしてしまうと思います。

まずは無料の資料請求で、英語CDやDVDなどのサンプルをもらい、毎日かけ流すだけでも違いますし、反応が良ければオークション等で旧版の製品を購入するという方法もあります。

実際に使ったオススメの教材5選

私が実際に使ったことのある教材で、これは良かったなと感じたオススメ5つを紹介します。

① ディズニー英語システムのDVD

息子の反応★★★★★

ディズニーキャラクターのアニメーションや英語の歌を含むレッスンプログラムが収録された「ストレートプレイ」と英語の歌のみが3回繰り返して流れる(最後の1回はカラオケバージョン)「シングアロング」というDVDセットがディズニー英語システムのメイン教材になります。

両方ともディズニーのアニメーションと外国の子供たちの映像が登場します。

両方のDVDを再生してみると、おすわりができるようになったばかりの息子が画面にくぎ付けになっているのを見て、驚きました。

この時期の赤ちゃんが数十分間画面を見続けるということはなかなかありません。
ディズニーのキャラクターが好きなのかと思い、ディズニー映画を見せてみましたが無反応だったことから、やはりディズニー英語システムには子供を引き付ける要素があるのだと思います。

ただし毎日繰り返し見せていると、ある時突然飽きて全然見なくなる時期がありました。そのような場合は、しばらくの間お休みして再開するとまた見るようになりました。

ちなみに旧版・最新版の両方のDVDを試してみましたが、子役や歌が変わったくらいで基本の流れは同じなので、食いつき具合はほぼ同じでした。

友人から借りた最新版で反応が良かったため、オークションで格安な旧版を落札して毎日見せています。

今の時期はかけ流す為のDVDだけあれば良いので、正規ルートでの購入にこだわる必要はないと考えました。

② Fisher Price のおもちゃ

息子の反応★★★★☆

おもちゃ売り場で必ず見つけることができるアメリカのおもちゃメーカーです。
声が出るおもちゃは全て日本語・英語のバイリンガル使用になっています。

我が家には、数字と色を覚えるボタンがついたリモコン型のおもちゃがあります。

ボタンを押すと、ワンワンという犬のキャラクターがおしゃべりをしたり、歌を歌ったりします。日本語の後に英語が流れ、大人も「なるほど」と勉強になります。

息子に聞かせると、歌に合わせて手を振って反応をしました。

1歳前まではこのリモコンにほとんど興味を示さなかったのですが、1歳を過ぎたら自分でおもちゃ箱から出してきて、ボタンを押して遊んでいることもあるので、買ってあげて正解でした。

赤ちゃんはひとつのおもちゃで長い時間遊ぶことは難しいので、毎日短時間しか使ってくれませんが、遊びながら言語学習も一緒にできる優秀なおもちゃです。

何より購入しやすい価格なので、試しに買ってみるのに最適です。

③ NHK Eテレ(教育) 英語であそぼ with Orton

息子の反応★★★☆☆

アメリカ出身の芸人・厚切りジェイソンが子供たちに英語を教える博士となって登場するテレビ番組です。ゲームやリズム遊び、英語の歌などがふんだんに盛り込まれていて、特に発音のレッスンに力を入れているのが感じられます。

毎回、ある特定の単語の発音を練習するために出てくる特訓マシーンが傑作で、テレビの前で一緒に練習をすると、発音のコツが分かってきます。

さすがに1歳の息子には早いかもしれないと思ったのですが、英語のオープニングテーマ曲への食いつきが強く、離れた場所にいても大急ぎでテレビの前に駆けつけるほどです。

ゲームや発音のコーナーになると興味を失ってしまうのですが、歌が始まると戻ってきます。2歳、3歳になればもっと楽しく見るようになるかと思います。

子供に見せるだけでなく、英語に興味がある大人が見ても面白く、勉強になります。

④ NHK Eテレ(教育) 英語でがんこちゃん

息子の反応★★☆☆☆

日本語と英語で繰り広げられる可愛らしい人形劇です。恐竜の女の子「がんこちゃん」を始めとする多様な動物たちが住むざわざわ森に、英語しか話せないペンギンの男の子がやってきて、お互いが試行錯誤しながらコミュニケーションを取って仲良くなっていくというストーリーです。

使われている英語はシンプルで分かりやすいものが多いです。

日本語と英語が自然な形で共存している部分が気に入り息子に見せ始めました。最初はカラフルな動物の人形に目が惹かれるようですが、集中力があまり長く持ちません。

短時間で起承転結がしっかりあり教育にも良いストーリーなので、引き続き見せるつもりです。息子がもう少し成長したらもっと食いつきが良くなると思われます。

⑤ 新・えいごのうた スーパーベスト(日本クラウン株式会社)

息子の反応★☆☆☆☆

「ゆかいなまきば」「メリーさんのひつじ」「ドレミのうた」「きらきらぼし」など誰もが知っている歌をはじめとする子供向け英語の歌50曲が収録された2枚組ベストアルバム。

息子が生後半年の頃からBGMとしてさりげなく聞かせているCDです。

音楽が流れているからといって息子は特別な反応は示しません。何か聞こえるな、くらいです。すでに英語の歌が当たり前のような存在になっているということなので、良い傾向かと思います。

50曲も入っているので、毎日再生しても飽きが来ないのが親にとってもありがたいです。

まとめ

英語は大人になってから覚えるよりも、子供の頃から触れさせて覚えさせてあげたほうが脳が英語になれるのが早くなります。

幼児英語を検討しているならば、まずは簡単なおもちゃから触れさせてあげてください。

コメント