イギリス英語とアメリカ英語の違いについてを詳しく解説

英語勉強

英語と言ったらアメリカ!外国人を見かけたらアメリカ人!外国と言ったらアメリカ!これが日本のイメージではないでしょうか。学校で習う英語もアメリカ英語ですし、いちいち他の英語のスペルなんて表記されていません。

でも、そもそも英語のルーツはどこ?そう、イギリスなのです!だから「英語」という表記ですもんね。では、イギリス英語を今から学びたいという場合、どうしたら学習できるのでしょうか。

アメリカ英語とイギリス英語はどれくらい違うの?

そもそも、アメリカ英語とイギリス英語は違うものなのでしょうか。結論から言えば、アメリカ英語でイギリス人と話してもほとんど支障なく通じます。日本的に言えば訛りのようなものでしょうか。

だから基本的には学校で学んだ英語ができればイギリス以外の場所でも通じますが、アクセントや訛りの問題で聞き取れなかったりすることはあります。

発音の違い

どこが違うのかというと、イギリス英語はアメリカ英語よりもカクカクした発音になっています。特にその違いが顕著に表れるのはロンドンなので、ロンドン英語を習得すればイギリス的発音になれます。

リエゾンが少なかったり、アルファベットを表記そのままで発音することが多いためアメリカ英語より親しみやすいこともあります。

例えば、アメリカ英語だとwaterは「ワーラー」と聞こえますが、イギリス英語では「ウォータ」と聞こえると思います。聞いていくうちに特徴が理解できるので、ある程度の法則がわかるようになっていきます。

アメリカ人にはオックスフォードの方の英語は気取っていると聞こえるようで、ちょっとからかうようにバカにしたりすることもあるのだとか。

このあたりは海外ドラマや映画を見るとところどころにあるシーンかもしれませんね。

スペルの違い

アメリカ英語とイギリス英語ではスペルにも違いがあります。アメリカ英語だけを学んできた日本人からすれば、一見スペルミスかなと思うかもしれません。

でも、言い換えればそう思う程度なのでわからなくはないのです。

ただ、学校での小テストで書くと、あまり英語に詳しくない先生では×になってしまうこともあるかもしれません。

そんな時には、「イギリス英語は英語ではないのか」と言ってみましょう。日本ではアメリカに戦争で負けたからという理由でアメリカ英語に統一されているだけで、イギリス英語を認めないことはないでしょう。

単語そのものの違い

文化が違うことによってスペルというか、単語が全くことなるものもあります。

やはり通じはしますが、以前私がアメリカ人にイギリス英語を使った時には、「あ~、そういう意味か、なるほどね」と文脈を読み取っての理解をしていたこともありました。

有名なのは、アメリカ人とイギリス人が待ち合わせをしても会えない場合があるということですね。

アメリカでは、日本での建物の1階をそのままfirst floorと言いますが、イギリスではground floorと言い、2階をfirst floorと言います。

よって、エレベーターに乗った時は「G」が1階になります。もしイギリスに行く機会があれば、こんなところにも違いがあるので小さな文化の違いを見つけることができます。

1階ずつずれているので、両者の認識に違いがありますね。

このような違いは気にして見ると結構たくさんあり面白いものです。

ドラッグストアも、アメリカでは日本と同じように使えますがイギリスではちょっとヤバイお店と捉えられることも。薬局への道を教えてほしい時に安易に使うと逮捕されちゃうかも!?

どの地域が一番イギリスっぽい英語なの?

イギリス英語を習得したいと言っても、その発音やアクセント、訛りというのはもちろん地方によって異なります。

特にスコットランドではゲール語など、別の言語も混ざっていて英語のネイティブスピーカーでもほとんど何を言っているか聞き取れないということも。

個人的には、一番世界からの注目度が高いロンドン英語がもっともイギリスっぽいのではないかなと思います。ロンドンでも下町の言葉だとわかりづらいかもしれないので一概には言えませんが。

もしイギリスらしい訛りを感じたいのであれば、やはり生の英語を話しているドラマや映画が最適ですが、最初からそれは難易度が高いということも。

最初は、イギリス英語を学ぶための書籍を探してCDを繰り返し聞くことが有効でしょう。

今まで聞いてきたアメリカ英語との違いを意識しながら耳を慣れさせることができれば、習得への道は近づいてきます。

まとめ

「英語=アメリカ」という式が成り立っている日本ですが、英語の発祥の地、イギリス英語に耳を傾けるのも面白いものです。

イギリス英語を知ることによってイギリス文化も知れるので一石二鳥!興味がある方は是非、アメリカ以外の地域の英語など、幅広く知識を得るためにも「地域に寄よる英語の違い」を意識してみてくださいね。

コメント