英語力を上げたいならば音読するメリットと5つの方法

リーディング勉強法

「英語を急に話されると、どうしても頭で考えてしまって直ぐに対応できないのです。」

こう言った思いをお持ちの方は多いと思います。

文法が間違ってしまうのが怖い、どの単語を使えばいいのかわからない、色んな不安を感じる方が多いと思いますが、直ぐに英語が口から出てくるようにするには英語を口から出して練習すればいいのです。

英語を勉強するときに音読するメリット

英語学習者の方に一番不足しているのは「英語を口から出して練習する」こと。

英語を読む、英語をきく、知らない単語を調べる、メモするというのが学校で最も取り入れられている学習方法のため多くの方が経験したことがあると思います。

英語を聞けば分かる、英語を読めば分かる方こそ実際に口を動かしている人が少ない気がします。

1~2回口に出スト音読した気持ちになってしまいますが、口からすんなりと英語が出てくるようになるためには何度も繰り返し口が覚えるまで音読することをお勧めします。

縄跳びや鉄棒でも見ているだけでは出来るようになりませんし、もちろん縄跳びや鉄棒に関する本を読んだりするところで出来るようにはなりません。

何度も実際に体を動かして感覚をつかんで行く事で出来るようになります。
繰り返し練習する事でスポーツも英語も上達して行くのです。

真似をする音声を必ず準備

音読をするにあたり、真似をする音声を用意することはとても大切です。

自分なりの英語で音読をしているとカタカナ英語から卒業できない上、間違った発音で練習をしていても意味がありません。

必ず聴こえてくる英語を真似するようにしましょう。

最初から難しい英語の音声を真似する必要はありせん。
TOEICの公式集のリスニングや中学校、高校の英語の教科書の音声などシンプルなものから始めましょう。

  1. ご自身のレベルにあったCD,スクリプトを用意
  2. 英文、日本語訳を読み頭に内容を入れる
  3. ワンセンテンスを流し、音声を止めます。テキストは見ずに聴こえてきたセンテンスを繰り返し声に出しましょう。スムーズに繰り返せない場合は文字を見て確認。
  4. リズムやイントネーションに注意をしてすんなり英語が真似できるようになるまで繰り返す。

ワンセンテンスから始めて、

最後に全体がスムーズに音読できるようになることを目標にしましょう。
ご自身が納得いくまで繰り返すことが差を生みます。

音読から発展した学習5つの方法

加速トレーニング

可能な限り速く読む訓練をする方法です。反射神経を要請するための加速訓練で、言語習得には必須のトレーニング方法と言われています。

自然な速さで言える事が前提で出来る学習方法のため、英文の意味や文法がわかってないまま速いスピードで英文を音読しても全く意味がありません。

しっかりと理解ができている英文を通常よりも速いスピードで音読する事でスピード感がある英語にもついていけるリスニングスキルや発話力の構築が期待できます。

オーバーラッピング

テキストを見ながら、音声と一緒に読む音読方法。
耳、目、口を同時に使う事で反射神経を高められるとされています。

ただ読むだけでなく、意味を考えながら音声を真似する事がこの学習方法の成功の鍵になります。

シャドーイング

発音とイントネーションを矯正するため、またより高いレベルのリスニングスキルを身につけられる事が出来る学習方法です。

英語初心者の方にとっては、リスニングをしっかり聞こうという意識が高まってしまうため音読しながら意味を掴む事が難しいため英語の中級レベル以上の方にオススメしたい学習方法です。

私自身も大学時代にシャドーイングを取り入れた授業を受けた事がありますが、聞き取れない部分に気が向いてしまい、どんどん進む音声に全くついていけなかった経験があります。

難しい分、出来るようになって来た時に自己の成長に気付き易い学習方法だと思います。

リップシンク

オーバーラッピングに挑戦する前に行うべきトレーニングで、声を出せない状況でも練習をする事ができます。
英文を聞き、スクリプトに目を通しながら唇を動かす事で、日本語と英語の処理速度が上がり、英文を構築する脳の回路を強行にします。

また唇を動かすことにより文字と発音方法をつなげ、自然なスピードの中で正しい発音方法を鍛えることもできます。

電車の中や歩きながらでも出来る学習方法ですので、通勤中や運動の時間を利用してぜひ行って頂きたい学習方法です。

レコーディング

音読やシャドーングなどの学習をした後で、ご自身の英語のスピーキングスキルを図る方法としてオススメなのがレコーディングです。

言葉通りご自身の英語を録音して、どのような英語を話しているのかを客観的に聞く事ができます。

定期的に録音し比較する事でご自身の成長や苦手な音、クセなどがわかって来ます。お手本の英語音声とどのように違うのかをぜひ研究して見てください。

最後に

音読を始め、様々な学習方法をご紹介いたしました。
音読を始め様々な学習方法がありますが、継続して行う事、ご自身に合っていると方法を見つける事がとても大切です。

英語力習得にはとても時間がかかりますが、英語ができる事で楽しいと思えることも増えます。

ぜひ諦めずに頑張りましょう!

コメント