留学しないで英語を習得する方法のメリット・デメリット

留学

語学留学をしたいという人の中には、英語を本気で学んで英語漬けの毎日にすることが目的だという人もいます。確かに、どんな時でも英語を使うよう強制された日常に置かれれば、時間はかかれども否が応でも英語を使う機会が増えて話せるようになりますもんね。

しかし、実際問題留学ができる人というのは限られています。金銭的な問題であったり、仕事を辞めるのが怖かったり、日本に家族がいたり・・・。では、日本にいながら留学している状態に自分自身を置くことはできないのでしょうか。ここでは、その環境の作り方と、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

留学生と日本人学生が共に暮らし寮生活

特に留学生の受け入れを強化している大学であれば、そこに留学生と日本人が一緒に暮らす寮があったりします。半分シェアハウスのような感じになっていれば英語を使う機会もあるかもしれませんね。

毎日外国人と会話ができるというのはメリットに見えますが、デメリットは学生限定であるということと、そういった寮では日本語しか使ってはいけないというルールが設けられていることが多いということです。

日本に来る留学生は日本語を勉強しに来ている場合もあるので、そうなると日本でも英語を使っているのはナンセンス。意味がなく、彼らのためになりません。だからあまり教えてほしいと言いにくい環境になります。

日本語禁止空間の利用

社会人でも使えるこのような施設は少ないのでこれも学生限定となってしまうかもしれませんが、日本語を禁止する部屋へ通うことも留学に近い状態を保つことになります。

スタッフが管理をしているため日本語で話し始めるルール破りが少ないことがメリットになります。お昼休みをここで食べて友達を増やすなんて使い方もできますね。

英会話レッスンのようにフレーズを覚えたり、決められたシチュエーションの中に身を置くことはしないため、自然な会話が楽しめるのも魅力です。自由に発言できるので勉強という意識は低いでしょう。

ただ、問題点は日本人ばかりが集まってしまうという点です。そこで英語を話せば確かに英語を使う機会は得られるのですが、やはりネイティブスピーカーと話したいという場合には不向きになりますね。

社会人も参加可能な大学・企業主催の英会話レッスン

英会話を学ぶというともう英会話スクールしかないというイメージかもしれませんが、意外にも市が積極的に英会話レッスンを開催していたり、大学が社会人向けに開いている定期的な講座もあります。

これらは英会話スクールよりも安かったり無料で行われていることもあるので、近くにあれば覗いてみても楽しいでしょうね。留学というほど英語の中に身を置けませんが、日々の生活の中に少しでも英語を喋る機会を与えてくれます。

デメリットとしては、テーマが決められていてそれが日本のことについてばかりで思ったものではなかった、というとある参加者の感想を聞いたことがあります。英語を話せるようになりたいという人の多くは海外に興味があるので、日本の文化を英語で説明するということに興味が持てないようです。

日本に来る外国人となら、日本文化を英語で紹介する機会は多いので良いテーマだとは思いますが、自分が外国に行って海外の文化を教えてもらいたいという場合は思ったレッスンと違うと思うのでしょう。

Skypeやアプリで外国人の友達を作る

個人的におすすめなのは、Skypeやスマホアプリで自分が興味のある国に住んでいる友達を作って話す習慣を付けることです。これなら無料ですし、時間さえ合えば楽しく相手の顔を見て話すことができます。

Skypeは、私がイギリスにいた時に日本としたことが何度もありますが、テレビでよく見る音ズレや音声・画像の遅れがなく、とてもスムーズだったのに驚きました。

自分が見ているパソコンの画面を相手と共有することなどもできますし、スマホでも利用可能です。

アプリは、言語学習を目的とした人が集まるので変な人が少ないなというのが私のイメージです。時差が少ない地域ならお互いの生活リズムもなんとなく合うので、こだわりがなければニュージーランドやオーストラリアの人を見つけると良いと思います。

一人とずっと仲良くできれば良いですが、時差の関係や向こうの都合も考えると複数人話す友達を持っていると英語に触れる時間が定まってくると思います。

地方にいると外国人と出会うことすらないので、これらはかなり便利だと思いますね。

留学で得れる経験は大きい

留学をする醍醐味は、そこにいるだけで周りの全てが英語であるということです。日本でそんな環境を作ろうと思うとやはり少し難しいですね。

生活の全てを英語に変えることはできませんが、積み重ねを意識していくと、少しでも英語に触れる時間を長く持つ方法を知っておくことが重要です。

コメント