英語学習に最適!おすすめのカートゥーン5選

英語勉強

日本には優れたアニメがたくさんありますが、欧米にもディズニー映画を始め素敵な作品がたくさんありますよね。ここでは、欧米発のアニメ作品を5つご紹介します。

リスニング力を測ったり、息抜きに楽しんだり、ボキャブラリーを増やしたり・・・活用方法はさまざまです。良質なアニメで英語力に磨きをかけましょう。

Over the Garden Wall

2014年にアメリカのカートゥーンネットワークで放送された、パトリック・マクヘイル氏作、「オーバー・ザ・ガーデンウォール」です。「トーム・オブ・ザ・アンノーン」(”Tome of the Unknown”)という、同じくパトリック氏作のショートアニメが土台となって作成されました。

全10話、1話あたり12分以下の作品です。
2015年にはエミー賞(アニメーション部門)を受賞し、コミックも発売されました。

とある兄弟、ワートとグレッグが不思議な森に迷い込み、家に帰るために旅を続ける物語です。

兄のワートは心配性で弟想い。弟のグレッグは楽天家でやんちゃなムードメーカー。カエルや口うるさい青い鳥と一緒に、奇妙な住人や恐ろしいビーストがいる森を彷徨います。

ワート役は映画「ロード・オブ・ザ・リング」でフロド役を演じたイライジャ・ウッドです。ワートの優しい気質と声が良く合っています。

物語は幻想的で美しい絵本のような雰囲気です。静かな中には不気味さや謎がつきまとい、兄弟の天真爛漫な振る舞いや音楽と絡み合って絶妙なバランスを生み出しています。

Facebookページで全話観ることができます。
https://www.facebook.com/OverTheGardenWallTV

Martha Speaks

2008年9月~2014年11月に放送されたアメリカ、カナダ、イギリスの教育アニメ、「マーサ・スピークス」です。全部で6シーズン続きました。

スーザン・メドー著作の絵本(日本では、『いぬのマーサがしゃべったら』という題名でフレーベル館より出版されています)をベースにして作られました。

この絵本は、就学前の児童を対象に作成された知育絵本です。

10歳の女の子、ヘレンにはマーサという名前の飼い犬がいます。ある日、アルファベットスープ(アルファベットの形をしたパスタが浮かんでいるスープ)をやったところ、マーサは英語が話せるようになって・・・というお話。

人間の言葉を話せるようになったマーサが、思考回路は犬のままであらゆるハプニングを巻き起こしていきます。

毎回キーワードとなる言葉が定められており、エピソードの中で繰り返し使われます。アニメを観ているうちに、マーサと一緒にボキャブラリーを増やしていくという仕掛けです。

 We Bare Bears

ダニエル・チョン作のアメリカアニメ。
2015年7月にリリースされ、KLIK Amsterdam Animation FestivalのYoung Amsterdam Audience部門で賞を受賞。

ウェブコミックをベースに作成された作品です。

グリズリー、パンダ、アイスベアーの3匹が主人公。カリフォルニアで暮らしながら、インターネットを駆使するなど人間たちと同じように暮らしながら、友達を作ろうと試行錯誤するコメディーアニメです。

シンプルな脚本と、ぬいぐるみのようなデザインの愛らしいキャラクターが特徴的です。暴力シーンや性的なギャグが一切なく、子どもと一緒に観ていた親御さんがハマってしまうなど大人のファンも多い作品です。

Bob’s Burgers

2011年1月~2018年9月まで放送されたローレン・ブシャードによるアメリカのコメディーアニメ。全部で9シーズンあります。2014年にアニメ―ション部門でエミー賞を受賞。

内容は、ハンバーガーショップを経営している家族のお話です。苦労して育ったせいで少し悲観的な父親と、明るく献身的な母親、社交下手な13歳の長女、おっちょこちょいな11歳の長男、おてんばな9歳の次女という構成。

全員黒髪に黒い目をしているので、一見アメリカンには見えないかもしれません。

家族もののアニメということで、『シンプソンズ』と比較されることが多い本作品ですが、軽快なテンポとウィットに富んだジョークで高い人気を得ています。

 The Penguins of Madagascar

アメリカのCGアニメーション。ドリームワークス・アニメーション制作『マダガスカル』のスピンオフ作品です。2009年にレギュラーアニメ番組として放送開始されました。2012年にエミー賞(アニメーション部門)受賞。

『マダガスカル』に登場した4匹のペンギンたちが主役です。主役になるにあたって、4匹それぞれのデザインや特徴が際立つよう、若干の修正が加えられました。ペンギンのユーモラスな表情や仕草は秀逸です。

司令塔のスキッパー、発明家のコワルスキー、武器の専門家リコ、新人だけど誰よりも現実的なプライベートが、ニューヨークのセントラルパーク動物園で動物たちの平穏な生活を守るため、様々なミッションに立ち向かいます。

友情、ラブ、アクション、教訓と様々な魅力的要素が詰まった作品。幅広い年代層から愛されています。

『マダガスカル』が好きな方は必見です。

最後に

以上、おすすめのカートゥーン5選でした。いかがでしたでしょうか。どれもYou tubeでチェックできる作品ですので、気になる作品があれば観てみてくださいね。

コメント